古井戸を再生させたい!井戸洗浄、井戸さらいの方法

2015年09月16日(水)11:53 午前
150509せっかく掘った井戸なら長年使っていきたいと思う方も多いでしょう。そのためにはやはり、メンテナンスは欠かせません。水量が減ったり、水質が変化したりしても井戸をメンテナンスすることで大抵は復活します。また、長年使っていくうちに内部の汚れが水質悪化の原因になる場合があるので、定期的に井戸洗浄も必要です。

いくつかある井戸のメンテナンス作業ですが、自分でも可能なものなのかなど、詳細が気になるところですね。そこで今回は、井戸洗浄や、井戸さらいなど井戸のメンテナンスについてみていきましょう。

古井戸を復活させるには?

082561長年使っている井戸や、放置されていた古井戸を復活させる方法は、クリーニングを行うことです。まず、壊れている箇所があれば修繕し、高圧洗浄機で井戸洗浄をします。井戸洗浄の汚水など井戸に溜まった水に薬剤を投入し、撹拌しばらく放置し、汲み出という作業を数回繰り返します。水がキレイになったら投入した薬剤の影響がなくなるまで水を汲み出し、終了です。

井戸に水が湧いている限り、井戸を使い続けることができるため、古井戸を復活させるためには、井戸という水の入れ物をキレイにすることが必要なのです。

井戸洗浄、井戸さらいとは?

123722井戸洗浄は、古井戸復活に必要なメンテナンスでしたね。井戸さらいとは、長年に渡って使用しているうちに井戸の底には、泥や砂が堆積し水量を確保できなくなるため、井戸の底を掃除することを指します。つまり、井戸洗浄は井戸の内部壁面に対するクリーニング、井戸さらいは井戸の底に対するクリーニングということです。

井戸さらいは、浅いものなら井戸に入って作業することもありますが、酸欠になる場合もあり、大変危険です。もし、水に泥が混じる、水量が減ってきたなど井戸さらいが必要になった場合でも、自分で行うのではなく、業者に連絡しましょう。

古井戸再生の注意点とは?

150513長年使っていない場合でも、井戸洗浄や井戸さらいで復活する見込みは大いにあります。また、この機会に井戸底に砂利を敷き直したり、少し掘り増ししたりするなど、メンテナンスをするのもいいですね。井戸の再生といっても、クリーニング作業のため、浅い井戸なら自分でもできそうに感じるでしょう。しかし、古い井戸の場合、もろくなっている箇所もありくずれる危険性や、井戸の底で酸素が足りなくなる危険性も十分考えられますので、見積もりがてらプロに相談してみましょう。

井戸生活では、井戸の状況に合わせてメンテナンスや井戸洗浄、井戸さらいのご相談もお受けしています。まずは、お気軽にご連絡ください。


  |  

災害時や水不足に備えて、あなたのお庭に井戸を掘りませんか?まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

災害時や水不足に備えて、あなたのお庭に井戸を掘りませんか?まずはお気軽にご相談ください。

 

業者の方へ

古井戸撤去工事

井戸生活について


お問い合わせ

FAX見積り用紙

掘削機のご紹介

料金

施工例

水質調査依頼はこちら

営業エリアはこちら

過去の記事を読む